介護予防月間

介護予防月間のメインイベントとして元気力アップフェスティバルを開催しています。
令和元年度イベント開催時の様子

 めざそう!アクティブシニア のばそう!健康寿命

 介護予防とは、いつまでも自分らしくいきいきと暮らすための生きがいづくり・健康づくりのことです。仙台市では11月を「介護予防月間」とし、1か月間を通して市内で様々なイベントを開催します。

未来に向けて、健康のことを考えてみませんか?


【イベントレポート】

介護予防月間オープニングイベント

元気力アップフェスティバル

仙台市では11月を「介護予防月間」とし、1か月間を通して市内で様々なイベントを開催します。

11月7日(日)は、シルバーセンターを会場にオープニングイベント「元気力アップフェスティバル」を開催いたしました。

当日はお天気も良く、延べ650名の皆様にご来場いただきました。

【交流ホール】

講演会「食べて元気にフレイル予防―しっかり食べて、しっかり動こう!」

 (10時30分から11時30分)

 講師:むらた日帰り外科手術クリニック 在宅訪問管理栄養士 塩野﨑 淳子 氏

 新型コロナウイルス感染症の拡大がフレイルの発生に及ぼす影響やフレイル予防のための食生活3つのポイントについて事例を交えてお話しをいただきました。

 

講演会「今日からはじめるお口の健康―オーラルフレイルを予防しましょう!」

 (13時30分から14時30分)

 講師:一般社団法人仙台歯科医師会 駒井 伸也 氏 

 お口の機能を保つセルフケアのお話しや、簡単にできるお口の体操などを動画でご紹介いただきました。機能の衰えに早めに気づき、早めに対策をとることが大事とのことでした。

※フレイルとは

 加齢により心身の活力(筋力、認知機能、社会とのつながり)が低下した状態を

 「フレイル」と言います。

 健康な状態と要介護状態のちょうど真ん中の状態で、多くの人が健康な状態から

 このフレイルの段階を経て、要介護状態に陥ると考えられています。

 

【3階】

膝痛・腰痛予防!健康いきいき運動教室(10時30分から11時30分)

理学療法士によるフレイル予防講座(13時30分から14時30分) 

 トレーニング室にて午前は宮城県柔道整復師会による「膝痛・腰痛予防!健康いきいき運動教室」、午後は宮城県理学療法士会による「フレイル予防講座」を行いました。講話と講師の方の動きに合わせて運動を行い、リフレッシュできたようです。

【6階】

健康マージャン入門講座

 (10時30分から11時30分)

 未経験者を対象とした健康マージャン入門講座を行いました。

 終了後、参加者から「頭を使い本当に楽しかったです」「これをきっかけに様々なことにチャレンジして元気に過ごしていきたいです」などの感想が寄せられました。

 

【7階】

各分野の専門職による無料相談や測定

 (10時00分から15時00分)

 医師による相談、歯とお口の相談、お薬の相談、栄養相談、運動機能チェック、骨密度測定、仙台市地域包括支援センターの紹介などを行いました。「この機会に専門の方々に健康についての相談ができてよかった」との声がありました。

杜の都のきほん体操&おトク体操の動画紹介(10時00分から15時00分)

 介護予防の体操の紹介をDVDで行いました。映像を見ながら熱心に体を動かしていただきました。

 

 この他、1階アトリウムでは仙台市からのお役立ち情報コーナー、仙台フィンランド健康福祉センター事業創成国際館のパネル展示、仙台市老人クラブ連合会の活動紹介を行いました。

 また、2階相談室では認知症の人と家族の会宮城県支部のもの忘れ相談、福祉用具展示室では福祉用具の展示、相談情報提供を行いました。

 

ご来場いただいた皆様には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策にご協力いただき誠にありがとうございました。


下記より介護予防月間のイベントガイドがダウンロードできます。

ご活用ください。

ダウンロード
令和3年度介護予防月間イベントガイド.pdf
PDFファイル 1.5 MB


介護予防月間に関するお問い合わせは、

シルバーセンターいきがい推進課交流啓発係

TEL022-215-3170 FAX022-215-4140