介護予防月間

介護予防月間のメインイベントとして元気力アップフェスティバルを開催しています。
令和3年度イベント開催時の様子

 めざそう!アクティブシニア のばそう!健康寿命

 介護予防とは、いつまでも自分らしくいきいきと暮らすための生きがいづくり・健康づくりのことです。仙台市では11月を「介護予防月間」とし、1か月間を通して市内で様々なイベントを開催します。

未来に向けて、健康のことを考えてみませんか?


介護予防月間オープニングイベント

元気力アップフェスティバル

 

【日時】令和4年11月6日(日) 10:00から15:00

【会場】仙台市シルバーセンター

【費用】入場無料

  


催し名・内容(要事前申込) 開催時間 対象・定員(先着)

①講演

  「認知症の人とともに希望を持って暮らし続けられるハッピーな地域づくりをめざして」

【講師】・谷本 裕香子 氏

   (東北工業大学 認知症の人と環境研究所 所長)

    ・わいわいハッピー劇団

10:00~11:30  120名 

②シニアのためのビューティーセミナー

【講師協力】花王グループカスタマーマーケティング(株)

10:00~11:00

60歳以上の方

20名

③膝痛・腰痛予防!健康いきいき運動教室 10:30~11:30

60歳以上の方

15名

④講演

「聴いて、かだって、今日も元気!!」

【講師】藤沢 智子 氏

   (tbc Az株式会社 代表取締役社長)

13:30~14:30 120名

⑤理学療法士によるフレイル(*)予防講座

13:30~14:30 15名

⑥健康マージャン入門講座

13:30~15:00 マージャン未経験の方28名

【申込方法】※上記の催しは事前申し込みが必要です。(先着順受付)

10月6日(木)午前10:00から電話、FAX、またはEメールで<希望する講座名・氏名(ふりがな)・〒住所・電話番号※②③は年齢も>を連絡または記入してお申し込みください。

 

【申込・問合せ先】

シルバーセンターいきがい推進課交流啓発係

TEL 022-215-3170 FAX 022-215-4140

Eメール kouryu@sendai-hw.or.jp

 

*フレイルとは

 加齢により心身の活力(筋力、認知機能、社会とのつながり)が低下した状態を「フレイル」と言います。

 健康な状態と要介護状態のちょうど真ん中の状態で、多くの人が健康な状態からこのフレイルの段階を経て、要介護状態に陥ると考えられています。


同日開催 自由参加イベント(事前予約不要・直接会場へどうぞ)

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策のため、人数制限を行う場合があります。

 

相談・測定・展示コーナー

健康相談 教えてドクター〔仙台市医師会〕

お口の元気は体の元気・歯と口の健康相談・お口の元気度チェック等

 〔仙台歯科医師会・宮城県歯科衛生士会〕

いきいき生活するための薬と健康についての測定と相談〔仙台薬剤師会〕

フレイル予防 栄養相談コーナー〔宮城県栄養士会〕

まちの保健室〔宮城県看護協会〕

理学療法士による運動機能チェック〔宮城県理学療法士会〕

柔道整復師による身体の痛みと健康相談・骨密度測定〔宮城県柔道整復師会〕

もの忘れ相談〔認知症の人と家族の会宮城県支部〕

仙台市老人クラブ連合会活動紹介

高齢者の総合相談〔仙台市地域包括支援センター連絡協議会〕

就業を通じて健康寿命をのばそう〔仙台市シルバー人材センター〕

仙台フィンランド健康福祉センター事業創成国際館の紹介〔仙台市産業振興事業団〕

福祉用具の展示・相談


下記より介護予防月間のイベントガイドがダウンロードできます。

ご活用ください。

ダウンロード
令和4年度介護予防月間イベントガイド.pdf
PDFファイル 11.6 MB


介護予防月間に関するお問い合わせは、

シルバーセンターいきがい推進課交流啓発係

TEL022-215-3170 FAX022-215-4140