作って食べて実感!おいしいごはんで健康力アップ!

H29.ごはんde健康セミナー報告

12月 気になるコレステロール 食事でのポイント

日 時】平成29年12月16日(土) 10:00~13:00

【会 場】仙台市健康増進センター2階

【参加者】19名

【内 容】栄養講話「何を食べればよい?食事のコツ」

     調理実習・ごはん・サバと厚揚げのみぞれ煮

                        ・海藻と青菜のおひたし

         ・サトポテサラダ・くだもの

LDLコレステロールが血管内に過剰な状態が続くと動脈硬化が進行し、虚血性心疾患や脳血管疾患を引き起こしやすくなります。食生活のポイントの一つ目は、LDLコレステロールを上げる原因になる「飽和脂肪酸」や「トランス脂肪酸」を減らすことです。加工食品や菓子パン・洋菓子など隠れて含まれている食品にも気を配るようにお伝えしました。二つ目はLDLコレステロールを下げ、血管の老化を防ぐには「食物繊維」「抗酸化ビタミン」をしっかり取り入れることです。調理実習のメニューでは、手軽に作れる野菜のおかずとして「海藻のおひたし」「サトポテサラダ」を紹介しました。

 

次回は3月2日(金)、3日(土)に「おいしく食べて肥満予防!」をテーマに開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしています。

サバと厚揚げのみぞれ煮.pdf
PDFファイル 520.5 KB

10月 血糖値が気になる方へ

日 時】平成29年10月27日(金)・10月28日(土)どちらも10:00~13:00

【会 場】仙台市健康増進センター2階

【参加者】19名(2日間合計)

【内 容】栄養講話「血糖値の上昇を抑える食生活とは?」

     調理実習・ごはん・鶏肉としめじのバター醤油炒め

                        ・切り干し大根とキャベツの酢の物

         ・具だくさん中華スープ・梨

高血糖の状態を放置しておくと、糖尿病の3大合併症と言われる神経障害や網膜症・腎症の原因になるだけでなく、認知症の原因にもなります。食生活ではどんなことに気をつければいいのでしょうか?ポイントを3つにまとめてみました。

 

①食事はバランス良く、腹八分目に食べること。食後、一番血糖値を上げる   

 のが糖質ですが、普段から、糖質の多い主食や芋類を多く摂りすぎないよ   

 うに注意することが必要です。ただ、極端に主食を減らすことはNG。主  

 食を減らしすぎて、おかずを多くなってしまうと、塩分や脂質の摂り過ぎ   

 につながります。

②野菜は積極的に摂り、さらに先に食べること。野菜には食物繊維が含ま 

 れ、血糖値の急上昇を抑えてくれる働きがあります。

③よく噛むこと。早食いは、血糖値をより上昇させます。食事の際は一口30 

 回以上を目安に。また噛みごたえのある食材を取り入れてみるのも一つの 

 手です。今回のメニューでは、切り干し大根、きのこ、ごぼう、豆もや

 し、アーモンド等の食材を使用してみました。

鶏肉としめじのバター醤油炒め.pdf
PDFファイル 512.6 KB

6月 ロコモ予防!筋肉UPには食事も大事!

日 時】平成29年6月30日(金)・7月1日(土)どちらも10:00~13:00

【会 場】仙台市健康増進センター2階

【参加者】30名(2日間合計)

【内 容】栄養講話「筋肉を維持するための食生活とは?」

     調理実習・ごはん・回鍋肉・モロヘイヤの梅肉和え

                        ・ひじき入りツナポテトサラダ・バナナきなこヨーグルト

「ロコモ=正式名称は:ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」とは、骨や関節、筋肉といった運動器が衰え、進行すると介護が必要になるリスクが高まると言われています。

今回のセミナーでは、その中でも「筋肉」について取り上げました。筋肉をつくるには、たんぱく質と言われていますが、たんぱく質と一緒にビタミンB6をとると、より効果的です。ビタミンB6は、たんぱく質の合成と代謝を促し、鶏肉のささ身やカツオ、赤パプリカ、バナナ等に多く含まれます。一方、摂取エネルギーが不足(食事量が少ない、炭水化物を極端に減らす等)すると、筋肉が減少します。食事をしっかりとるということも筋肉を維持するためのポイントです。

回鍋肉.pdf
PDFファイル 507.7 KB

5月 腸内環境もカギ!カラダの中からプチ不調を改善

日 時】平成29年5月26日(金)・27日(土)どちらも10:00~13:00

【会 場】仙台市健康増進センター2階

【参加者】30名(2日間合計)

【内 容】栄養講話「腸内環境を整える食事ケア」

      調理実習・ごはん・鮭と野菜のホイル焼き・糸こんの彩り炒め

                          ・緑野菜のナムル・ヨーグルトシャーベット

体重が落ちない、便秘や下痢が続く、風邪をひきやすいといったプチ不調は、腸内環境が原因の場合があります。腸内環境を整えるには善玉菌の割合を増やすことがカギです。今回のセミナーは、特別な食品は使わず、日頃から台所にある調味料や食材を使った活用法について、講話や調理実習を通じてお伝えしました。どのメニューも難しい調理作業はなく、「手軽にできておいしかった」と好評でした。腸内環境に良い食材を一度にたくさん食べるのではなく、習慣的にコツコツと取り入れることが最も効果的な方法です。

鮭と野菜のホイル焼きレシピ.pdf
PDFファイル 543.9 KB