講座レポート

 

 

     令和元年12月7日

脳の健康づくりイベント

 

 


シルバーセンターでは、脳を元気に保ち、自分らしく“いきいき”と暮らすために脳に良い【運動】【栄養】【睡眠】【趣味】【知的好奇心】【社会参加】の6つの取り組みをすすめています。

 

その取り組みの機会として、127()脳の健康づくり講演会・イベントを開催いたしました。

 

講演では「人生を輝かせる学ぶ心を―先人の生き方から―」をテーマに宮城学院女子大学学長の平川 新先生にご講演をいただきました。申し込みから早々に定員となり、講演も大変ご好評を得ました。(お断りしました皆様申し訳ございません。)

 

講演終了後には、運動指導員とウェルネスホープの皆様による「いきいき脳活体操」を体験いただきました。

また、ホール前のアトリウムでは、脳に良いことパネル展と題し6つのジャンル別で日常生活の中で脳が元気になる取り組みをパネル展示紹介。

 

体験型ブースでは「健康マージャン」「ながら運動」のほか「もの忘れタブレット」のブースもあり、多くの方で賑わいを見せていました。タブレットブースでは「脳トレみたいで楽しみながらもの忘れチェックができて良い!」「結果が紙で残るのでどこで間違えたかわかっていいですね」などの声も聞かれご好評をいただきました!

 

短い時間でしたが、たくさんの方に訪れていただき、講演会・イベントと「健康脳」について考える1日となりました。

 

これからもちょっとした心掛けや生活を工夫して、自分らしいいきいき健幸生活をおくり「脳の健康づくり」に取り組んでみませんか。

脳の健康づくり体験コーナーには、たくさんのお客様がご来場されました。
【体験ブースの様子】
タブレットを使用した物忘れチェックコーナーには、たくさんのお客様がご来場されました。
【もの忘れチェックタブレット】


シルバーセンターいきがい推進課交流啓発係

TEL022-215-3170 FAX022-215-4140